忍者ブログ

西アフリカのセネガルという国で生活しています。 のんびりゆるゆるとセネガルライフについて書いていきます。

チグリ+ハグリ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は雨。

ご無沙汰しております。
気がつけばもう三月も終わり、日にはもう春の訪れがやってきましたでしょうか?

セネガルでは昨日の晩から雨が降り、今朝もしとしとと地面を湿らせました。
実に4ヶ月ぶりの雨です。
雨の音、雨の匂い、何もかもが久しぶりで、懐かしさとともに新鮮な心持ちがいたしました。
湿ったアスファルトの匂い、とでも言うのかそれは日本もセネガルも変わらないみたいです。

雨のお陰か、今日はとても寒いです。。。
カーディガンを羽織り、小さいけど毛布を膝に乗せてパソコンに向かっています。
暑い日は自分が蒸発するんじゃないかってぐらい暑いのがこの国ですが、どうやら灼熱の到来はまだまだのようです。

実は最近ランニングを始めたのですが今日は走れるかちょっと心配です。
何故って‥‥ランニングコースが砂道なので(笑)
家の近くにある競技場の一角を借りて走っているのですが、そこは一面砂の海で雨の日のコンディションは恐らく最悪です。。。
天気に左右されるのはツライところだけど、砂の海を走るのは気持ちいいものです。
実際、砂の上を走るのは足が重いし、大変に疲れるのだけれど、コンクリートと違って膝や腰に掛かる負担は少ないんだそう。
まさに「健康」って感じですね^^
最近、学校と自宅、そしてマルシェ(市場)までぐらいしか歩いてなかったので運動不足の解消もできて嬉しい限りです。

どうか今日も走れますように~!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何だか、取り留めのないことを書いてしまいましたね;話題を変えて、ここで一つご報告!!
「セネガル大統領選挙の結果報告」です。
日本でも報道されたかと思いますが、前大統領のアブドゥライ・ワッド氏は敗れ、マッキー・サル氏が勝利しました。
第一回投票の際は国内が一時不穏な空気に包まれるということがありましたが、幸いにも決選投票は比較的穏便に済んだようで、本当に良かったです。
それにしても、支持基盤拡大のための宗教指導者への賄賂や有権者登録証の盗難や売買など、民主主義の実行の難しさを目の当たりにした選挙期間でした。
そんな状況の中、マッキー氏が過半数の票を獲得し勝利したという意味合いは大きいと思います。

民主主義は黙して与えられるものではない、我々一人一人が手を伸ばさなければ手に入れられない、ということなんでしょうね。
日本人もセネガルを見倣って選挙権をフル活用する必要がありそうですね〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


真面目な話しになってしまいましたね、次はセネガルで作ったものについて記事をUPできればいいなと思います。
ではでは*


拍手

PR

授業デビュー*

早くももう3月ですね〜。
もうすぐセネガルに来て半年!!になります、時間が過ぎるのは恐ろしく早いものですね。

さて、先月に入って私もようやくセネガル授業デビューです!!

ここまでの道のりは長かった‥‥。

「Nous allons faire une poupée pour vous!!〜自分そっくりの紙人形を作ろう〜」という題材の授業をしました。

2.jpg



 


















P2150559.JPG





















d4a15ae3.jpeg





















P2280665.jpg






















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「セネガルの教育事情と活動の指針」

ここセネガルで美術教育の支援をすることがわたしの活動の目的です。(今のところ)


セネガルの教育事情で言うと、美術教育というのはほとんどと実施されておりません。指導事項としてカリキュラムには組み込まれているし、口ではみんな「美術教育は必要だ。」と言うものの実際に授業をしているところはこれまでのところ見たことがありません。大抵の場合、時間割にある「美術」の時間には、算数やフランス語の授業が行われているという状態です。

原因としては‥‥
1.マテリアル(紙、ハサミ、のり、色鉛筆、etc)の不足
 学校には本当に何もなく、A4のコピー用紙さえ高級品です。情操教育(美術、体育、音楽)の中で、美術はもっとも多くのマテリアルを必要とし、更に一クラス当たりの人数の多いセネガルではその指導が困難である。

2.指導する教員自身も美術教育を受けておらず、指導方法がわからない場合が多い。
 日本人なら当たり前に使えるハサミ、セネガルでは大人でもハサミを使うのが苦手など道具の使い方が未熟。また、お手本をそっくりに写して描かかせるという指導はできても、自由に描いたり、想像力を働かせて描かせるということができない。

3.教科の優先順位が低い
 日本でも同じようなものですが、セネガルにおいても小学校の卒業試験の科目にないために、「やった方がいいが、別にやらなくてもいい教科」という具合に優先順位が低い。

4.ストライキの多発
 セネガルの小学校では夏のバカンスが3ヶ月あり、春と冬、その他諸々のバカンスを合わせると実質8ヶ月弱が学校が稼働している期間です。その中で教員が給料未払い等様々な問題に対ししばしばストライキを起こします。(先月は大統領選挙の影響もあり、半月程ストライキが続きました;)ただでさえ少ない学校の稼働期間が削られていき、算数やフランス語のカリキュラムでさえ終わらなくなり、そして優先度の低い科目の時間が削られていくという事態が横行しています。

書き出してみると、問題は山盛り、山積してますね〜。
美術教育のことを考えていくだけで、この国が抱えている困難さが透けて見えるということは、それだけこの国が抱えている問題が大きいということでしょうか。

この国で「私に出来ることは何か。」ずっと問い続けています。
あまりに小さい自分の力、だけど、この国のために、知り合った人達のために何かをしたい。
未だ形にはなっていないですが、活動の中でそれを探って行きたいです。

しばらくは、子ども達に対して普段の授業と違ったちょっと素敵な経験をさせてあげられたらいいなと思っています。
その次は、先生達と先生の卵かな。焦らずじっくり頑張ろう*

 

 

 

拍手

Saint-Valentin*

『Saint-Valentin』
記事をupするのが遅くなってしまいましたが、セネガルでもバレンタインってことでチョコレートブラウニーを焼いてみました!

P2140547.JPG
フライパンで焼くには少し無理があったのか、底がコゲコゲに‥‥焦げを削ったので薄い(笑)

P2140549.JPG
油分が滲み出ないようクッキングシートで包装。キャラメル包装というらしいです。

P2140552.JPG


















クラフトペーパーと自家製の切手風シールを貼ってラッピング。

P2140556.JPG


















完成☆
小包みたいな雰囲気に仕上げてみました。あー楽しかった♪

同居人のこっちゃんと同じ任地の先輩方にプレゼントしました。
ホワイトデー何か返ってくるかな(笑)ちょっと期待してみたり*

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「セネガル人とバレンタイン」

セネガル人はバレンタインをどう思っているのか?という疑問があったのですが、バレンタイン当日背後から見知らぬセネガル人男性が大声で「Je suis célibataire!!!(私は独身です!!)」と猛アピールしてきたり、後日、知り合いのセネガル人男性からバレンタインにどうして電話もメールもくれなかったのか一晩中待っていたのに!!などと文句を言われたりと、やっぱりここでも一大イベントとして(特に男性には)意識されているみたいでした。

セネガル人男性は傍迷惑なぐらい強引な人が多いです。たまに、日本の草食系男子の皆さんにその強引さをちょっと分けてあげて下さいと言いたくなる。
 

拍手

お手紙書きました。

セネガルから日本に向けてお手紙書きました。

PC250225.JPG
(作業場の風景。とにかく全面に広げないと作業が出来ない。)
しかし散らかってるな。。。

PC250236.JPG
(セネガルの写真と小物(ガラス瓶の王冠)などを同封。)

セネガルから日本に入ってしまえば絶対届くと思うのですが‥‥一ヶ月以上経ってもまだ届かないとのこと。。。
一体どこを漂流しているのやら‥‥;もしや、まだセネガル国内か!(笑)

どうか無事に日本の皆様のもとへ届きますように。確かめるすべもなく、ただ祈るばかりの日々です‥‥

拍手

セネガル大統領選と思うところ。

セネガルからこんばんは、カロリンこと管理人のSILANです。
日記のカテゴリーに「セネガル」を追加しました。以後セネガル滞在中の記事はこちらからどうぞ〜。

セネガルでは2月16日の大統領選挙を控え、各地で不穏な空気が漂っています。
現行憲法では大統領の3選は禁止されているのですが、現職で2期目のワッド統領は出馬を表明。
憲法委員会によってそれが合憲であると判断されたことで、それに反発する反ワッド派勢力が各地で抗議デモを行っているというのが現状です。
最近では抗議デモの過激化とともに、警官や学生に死者が出ています。また、デモに便乗してマルシェ(市場)への放火など「抗議」の意味合いを超えた暴動に発展しつつあります。


多くの人がワッド大統領の行いを正しくないと思っています、しかし大統領が憲法をねじ曲げる程の権力を持っていることも確かです。
モノの道理、自明の理がまかり通らないことに、平和とは得難いものであるとつくづく思い知らされます。
日本ではこういったことに無関心でいられる程に平和を享受していたわけで、此処に来てはじめてその意味を考えるようになったように思います。

一方で、セネガルでは権力に抗う為の抗議活動が暴動に変わり、死者を生み、マルシェを焼いています。どうしてマルシェが焼かれなければならないのか、そうすることで一体この国の何が変わるのか。

優しい人が多くいつも私を助けてくれるセネガル人。
「いつもあなたの身の上に平和がありますように。」と祈るセネガル人。
どうか、どうか、今一度踏みとどまって欲しい。暴力ではなく平和を。

「あなた方の身の上に平和がありますように。」



拍手

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新TB

プロフィール

HN:
SILAN
HP:
性別:
女性
趣味:
お絵かき

バーコード

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- チグリ+ハグリ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]